フュアーハンドランタンの使い方!LEDランタンと組み合わせれば虫よけも!

キャンプの雰囲気を演出するのに大事なギアの一つはランタンだと思います。その中でもフュアーハンドランタンは特におしゃれで人気のギアの一つですね!
今回はそんなフュアーハンドランタンの使い方をご紹介しようと思います。

フュアーハンドランタン

燃料は灯油かパラフィンオイル

フュアーハンドランタンはオイルを燃料とするランタンで、主に灯油かパラフィンオイルを使用します。
どっちの燃料もそれぞれメリットとデメリットがありますが、私は灯油を使います。
フュアーハンドランタンの燃料を入れる部分は密閉性が低いので傾けると普通にこぼれます。キャンプ場で燃料を補給するようにしましょう。また燃料の持ち運びは専用の容器に入れて持っていくようにしましょう。専用の容器以外に入れると消防法に違反します。

燃料を入れてから20分~30分待つ

燃料を入れてからすぐ火をつけると芯が燃え尽きてしまいます。
火をつけるのは20分~30分ほど待って、芯に燃料が染み込んでから火をつけるようにしましょう。

上部は高温になるので注意!

フュアーハンドランタンの上部はかなり高温になります。手で触ると火傷するので火をつけている間や火を消し終わった直後など触れないように注意しましょう。

LEDランタンと組み合わせやオイルを工夫して虫よけ

パラフィンオイルの中には虫よけ効果を持ったオイルもあるので、そういったオイルを使えば虫よけ効果が期待できます。
また虫がLEDの光に集まりづらい修正を利用して、自分のいるスペースにはLEDランタンを置き、少し遠くにフュアーハンドランタンを置くと虫はフュアーハンドランタンのほうに集りやすく虫よけ効果があります。

まとめ

フュアーハンドランタンは燃料が必要で、使い始めに芯に燃料をしみこませること。使っている最中と使い終わった直後は高温になっているので注意が必要なこと。虫よけ効果があることをご紹介しました。
一つあるだけで空間がおしゃれになるギアなのでとてもフュアーハンドランタンはとてもおすすめです。