お金を気にしないでおしゃれソロキャンプ道具を考えてみる

2021年2月12日

おしゃれキャンプ

今回は前回の記事と反対にかかる費用をまったく考慮せず好き勝手におしゃれソロキャンプを目指すならこんなギアを集めるなというのを考えてみます!
私のお給料では夢物語ですが、どなたかの参考になればと思います!

youtube始めました!

気になる方はこちらから見てもらえると嬉しいです!

テント:テンマクデザイン パンダTC

やっぱりおしゃれソロキャンプならポールテント!ということで私ならテンマクデザインのパンダTC一択です。こちらのテントの理由はなんといっても火の粉に強い!焚き火がキャンプの花形だと考えている私はテントの前で焚き火をして雰囲気を出したいです。そんな私にぴったりなのがこのパンダTC。インナー・ポール・グランドシートはついておらず、全部集めると5万強ぐらいの価格になります。それでもやっぱり欲しくなるほどのデザイン性と耐火性・防水性です!

コット:ヘリノックス コットワン コンバーチブル

チェア・コットの最高峰といえばやはりヘリノックスですね。コットワン コンバーチブルは中くらいのサイズで縦のが190cmまであるので少し大柄な人でも大丈夫なサイズです。さらに重量約2.3kgで耐荷重145kgと文句なしです。そしてなんといっても寝心地が良さげ。コットは布地の張り具合や材質によって寝心地が変わるそうですが、そこは安心・安全のヘリノックスですね。家でいいから一度寝てみたい・・・。お値段は3万5000円くらいです。

寝袋:モンベル ダウンハガー800 #0

実は私は寒いのが大の苦手です。(けどキャンプは寒い時期のほうが好きです。笑)
なので寝るときはできる限り温かくして寝たい!けど化繊だとさすがに大きくなりすぎるのでこちらの選択肢になります。実物を店舗で見ましたが、大体化繊の夏用寝袋と同じぐらいのサイズ感です。
温度は-18度まで耐えれて-10度までが快適使用温度です。1,2月の阿蘇山付近のキャンプ場や久住高原らへんキャンプ場が寒いときに-10度近くになるので、その時期にキャンプするときにはこちらを持っていきたいです。お値段は約5万円・・・。ただ命に比べれば安いものです。

焚き火台:モノラル ワイヤーフレーム

ピコグリル教の私ですが、実はピコグリルを買う際にもう一つ購入検討したのがこちらのモノラルのワイヤーフレーム。何がすごいって布地の上に薪を乗せて焚き火ができるんです!めちゃくちゃおしゃれだと思いませんか!?最終的にピコグリルにした理由は主に重さと値段です。
ただおしゃれソロキャンプを目指すなら重量が多少重たくなっても良いかなぁと。こちらの焚き火台は五徳のアタッチメントをつけて調理もできます。用途的にはピコグリルと全く同じ使い方ができるわけです!お値段は専用五徳と合わせて2万4000円ちょっとです。

チェア:カーミットチェア

チェアはやっぱり正規品のカーミットチェアです。バイク乗りの人は知っている人も多いのではないでしょうか?もともと「ツーリングでいい椅子に座りたい!」と思ったカーミットさんが設計した椅子だそうです。ツーリングに持っていく際になるべくコンパクトで座り心地の良い椅子を求めたらこちらに行きついたみたいです。やがてバイク乗りに受けて売れるようになり布地をカスタマイズする人も現れたとか。カスタマイズ専用の専門店もあったりします。輸入品になるのでこちらはお値段3万2000円ほど。

テーブル:キャプテンスタッグ CSクラシックス FDパークテーブル

テーブルはめちゃくちゃ悩みましたが、コスパ重視のほうと同様キャプテンスタッグのテーブルです。ハイテーブルの木製テーブルで優雅に・・・とか考えましたが、どうもソロキャンプじゃなくてグルキャン用なきがします。ロゴスの木製テーブルも考えましたが、個人的にすのこっぽいところにネイティブ柄の布を敷くのが好きなのでこちらになりました。お値段は3500円くらいです。

バーナー:スノーピーク フラットバーナー

スノーピークのフラットバーナーは見た目が家庭用のガスコンロに近いです。五徳部分とガス管部分がホースでつながれており、火元からガス管が少し離れているので安心感があります。また五徳部分の土台がしっかりと自立するようになっているので、ぐらつき等の心配もあまりありません。ちゃんとソロキャンプで料理をするならこれかなーと思います。お値段は1万円くらいです。

クッカー:スノーピーク アルミパーソナルクッカーセット SCS-020

こちらもキャプテンスタッグのテーブル同様にコスパ重視と同じものです。もうひとつ悩んだのはモンベルのアルパインシリーズですが、正直なところデザインの差でスノーピークになりました。お値段は3500円くらいです。

ネイティブ柄の布

最後はやっぱりネイティブ柄の布です。笑
ひざ掛け用、テーブル用に追加してコット用の合計三枚でざっくり1万円ぐらいです。

総額約21万円!

コスパ重視と比べると3倍くらいの値段になりました。笑
どれもいいギアなだけあってそれなりの値段がします。こう比較してみると、そろそろスノーピークのアルミパーソナルクッカーを買ってもいいのかなぁと思ってきます。こうしてまたキャンプ道具の沼にはまっていってしまうのですが・・・笑
皆さんはお財布と相談しながらギアを買ってくださいね!笑