2000円以下で買える木製カッティングボードおすすめ3選!

2021年2月12日

キャンプで使うカッティングボードは料理をおしゃれにする大事な要素だと思います。私も最初は適当でいいかなと思っていました。ヒロシキャンプのような武骨さに憧れてローテーブルの上で直接食材を切ってもいいかなと最初は思っていましたが、グルキャンに行った時にさすがに人に食べてもらうものをローテーブルで切ると苦手な人もいるのでまな板はちゃんと買いました。
今回は私が実際に買ったカッティングボードを含めて、購入対象になった3つを紹介します。

KEVNHAUN カッティングボード

一つ目は私が持っているケバンハウンのカッティングボードです。こちらを購入した理由は機能性とザックの背中に入れる部分にサイズがぴったりだったことです。
裏表が違うデザインになっていて、片面はカッティングボードで片面は盛り付け用のお皿として使えます。サラダとトーストなんかを乗せるとすごく映えます。笑
注意点はアカシア素材で塗料が塗られているので、器として使う場合は水気の多い料理や熱いものは塗料が溶け出すので原則NGです。(たまに熱いものを乗せたりしていますが、なるべく食材が直に当たらないようにして自己責任でやっています。)
たまにYoutubeでカレーなどを盛り付けしているのを見たりしますが、塗料をきちんとはがして、オリーブオイルを塗り、脱臭を行っているのだと思います。
お値段1700円ぐらいと安く、外で使うカッティングボードとしては普通に使えて、いろんな形やサイズがあるので自分の好みに合わせて選べる点がおすすめです。

ロゴス パタパタまな板mini

お次はロゴスからパタパタまな板miniです。折りたたんでコンパクトに収納ができるという斬新なカッティングボードで、ソロキャンパーにはありがたいです。結構このパタパタまな板とオピネルのナイフの組み合わせを見ますが、やはりおしゃれな点がいいですね。
素材は竹で抗菌作用があるみたいです。
お値段は1980円とぎりぎり2000円以下で買えます。ソロキャンパーでおしゃれにしたい方にはぴったりなカッティングボードだと思います。

不二貿易 アカシアカッティングボード 取っ手付き Lサイズ

最後は不二貿易のカッティングボードです。お手頃なカッティングボードはこちらのメーカーさんのものが多いですね。気に入った理由はずばり形です。笑
サイズはティッシュ箱を一回り大きくしたくらいのサイズなのでキャンプ用のカッティングボードとしては十分です。
また一見すると羽子板のような形をしているのですが、こちらが個人的に一番好きな形です。クラッカー・ハム・チーズなどのおつまみなどを横にずらっと並べるとおしゃれでいい気分でお酒が飲めそうです。笑
お値段は1800円ちょっとです。

まとめ

木製のカッティングボードだとそのまま盛り付け用の食器としても使えるので便利ですね!
料理の見た目を良くして、さらにキャンプを楽しみましょう!