冬の終わりの志高湖キャンプ場でキャンプ

2021年2月25日

もうすぐ冬も終わりますね。シーズンオフの時期が終わってだんだんとキャンプ場に人が増えてくる季節になってきました。今回は志高湖キャンプ場にまた行ってきました!

雨上がりの設営

志高湖1

志高湖に行くのも慣れたものでだいたいどの時間にでればちょうどよく着くかわかってきました。笑
出発は9時ごろで下道でゆったり行って13時の車の乗り入れに合わせていこうかと考えていたのですが、午前中の雨がなかなかひどい。あまり雨の日の運転は好きではなく、事故が起きやすいので高速で行くことにしました。
途中日田から湯布院くらいまで大雨がすごくなかなか運転がしづらい中でなんとか到着して時刻は11時半です。午後から晴れの予報だったのですが、なかなか雨がずれ込んでいるようなので先に買い出しに行くことにしました。
今回はいつもの友人1人と初キャンプの友人4人の合計6人組です。志高湖に行くときは人数が多くなります。笑
初キャンプ組がいるときは大体BBQということでBBQとカレーで定番キャンプをすることにしました。
買い出しを終えて戻ってみるとある程度雨も止んできて、車の乗り入れも可能な時間になっていたのでいつもの場所に向かって設営をしました。ここ最近雨キャンばかりしていましたが雨が降っていない設営は楽ですね。笑

志高湖にはアレがあった

キャプテンスタッグ 折り畳み自転車

設営途中に友人がふと車から取り出したのは画像のキャプテンスタッグの折り畳み自転車です。
私たちがいつもテントを張る場所はトイレからかなり遠く、歩くと15分くらいかかります。前々から折り畳み自転車があるといいよなーみたいなことを言っていたら本当に持ってきてくれました!
実際にトイレに行くときに使ったのですが、めっちゃ楽です!志高湖でトイレの遠い場所にテントを張る人は折り畳み自転車がかなりおすすめです!笑
実際に自転車に乗ってトイレに行ってみて初の発見をしたのですが、志高湖のトイレって温水洗浄便座があるんですね。キャンプ場で見たのは初めてでかなり驚きでした。というか前からあって気づかなかっただけでしょうか?

友人グランピングに近づく

テント

私の友人は私のスタイルと真逆でおしゃれキャンパーです。
テントはテンマクデザインのサーカスTCを使っているのですが、最近家族用にフルサイズのグランドシートを買ったそうで生で見るのは初めてです。
中を見せてもらうと写真のような感じで、広々としていて雑魚寝できる感じです。
テーブルは組み立て式の収納が省スペースになるもので、真ん中のストーブはアルパカのストーブ、ポールはワンポールをやめて二股ポールを自作という気合の入りっぷりです。
本人曰く準備がかなり大変とのことですが、こういったキャンプ初めての人や家族を連れてくるにはいいですね。私のはソロ用なので誰も入れれないです。近々DODのテント買います。笑

飲んで語って

お酒

設営やギアの自慢等が終わったらご飯と飲み会です。笑
今回ご飯の写真は撮るのを忘れました。カレーは普通に美味しく、BBQは異常な量のソーセージを食べました。笑
最近写真のようにおしゃれなボトルの洋酒をしたからライトを当てて写真を撮るのにはまっています。なんだか映えてるような気がします。笑
キャンプ初めての友人たちは結構会うのが久しぶりで、1年ぶりくらいのメンツが多かったのですが結構積もる話もでていろいろと考えるものです。居酒屋でそういう身の上話をするのも好きですが、大自然の中で話をするとまた違った感じ方になる気がしてきます。
夜10時以降はお静かに!っていうアナウンスも昼間10回以上流れていましたし、 久しぶりのメンバーでいろいろと語ることができて楽しくなったところで就寝しました。

志高湖2

志高湖は釣りもできるよ

朝は普通に起きて友人たちは釣りが趣味なので釣りを朝からしていました。
志高湖は3月中旬までは釣りが昼間もできて、3月中旬以降はボートが出るまでは釣りができます。
釣りメンバーが早朝の釣りをしている中、私は寒いのでテントの中でストーブをつけてコーヒー飲んでいました。笑
釣果は0だったみたいで戻ってきたメンバーと朝ご飯を食べたら撤収です。今回は風がかなり強かったので、結露や乾かす手間などもほとんどなく結構すんなり撤収が終わりました。
やっぱり志高湖は何度行ってもいいですね。また行きたいと思います。