ジェントスのランタン買っちった。やっぱりいい!

2021年2月25日

アルペンアウトドアーズ春日店にいったときに、ジェントスのランタンのEX-036Dをついに購入して、先日キャンプで使ったので良さを改めてご紹介します!

コンパクトで軽くて明るい!

ジェントスのランタン

私が購入したEX-036Dは重さが400gでコンパクトなタイプです。もう一つ購入検討したのはSOL-013Cなのですが、こちらは800g超えと少し重たくなります。大きさもEX-036DはSOL-013Cと比べて一回り小さくなります。その代わり明るさは450ルーメンとSOL-013Cの530ルーメンと比べて少し暗めになります。とはいっても450ルーメンもあれば40Wの電球と同じくらいの明るさなので、全然問題ありません!軽くて小さくて明るいというところがライトパッキングを目指している私からするとかなりマッチしています!

調光機能付きで光の色も変えられる!

EX-036Dは調光機能と調色機能がついています。調光機能は無段階調節可能で、ボタンを長押ししていると一番明るい"強"からじわーと小さくなっていって好きなところでボタンを離せばその明るさに設定できます。
また調色機能は昼白色・白色・暖色(電球色)の三つに変えられます。一般的な電球のすべての色を網羅しているのはいいですね!ちなみに普通のお部屋とかの電球の色は昼白色で、廊下など明るく照らしたいところは白色、玄関やトイレ等が(暖色)電球色が一般的な色の覚え方です。同じルーメンでも白色にと昼白色だと白色のほうが人間の目では明るく感じるので、夜トイレにいったりするときにまっくらな場所を通る時は白色にすると良いです。また机などにおいて手元を照らす分には暖色で雰囲気をだしつつ十分照らせます。昼白色は夕方ぐらいに料理を作る時に使うといいですよ!

電池が長持ち!

EX-036Dは一番明るい白色の強にして使い続けても18時間持ちます。暖色の弱なら255時間!夜8時間だけ使っても一か月は余裕で持ちます!災害用としてもかなり便利ですね。
普通に1,2泊のキャンプで使う分には電池交換の必要はありません。
しかも電池の残量が電源ボタンの色でわかるのがまたいいです!普通に使えるときは緑色で点灯しており、電池の残量が少なくなると赤色になります。さらに電池切れ寸前になるとウルトラマンみたいに点滅します。笑
突然ぷつっと切れるのはかなりやっかいなので残量がわかるのもポイントが高いです!

カバーが外せて電球みたいになる!

EX-036Dは防滴仕様でカバーが付いているのですが、このカバーを外すことができます。外して何がいいのかというと、ひっくり返してぶら下げて直接照らすことができます。さらに最初に購入した時にハンガーフックが付いてくるので、カバーを外して逆にして使うときはこのハンガーフックを使うとカラビナを用意しなくていいです。テントによっては中の中央部分にランタンフックが付いているものもあるので、カバーを外して暖色にして逆さ向きでかけておくと雰囲気もでますし明るいのでおすすめです!

まとめ

全体的に大満足のジェントスのランタンEX-036Dでした!少しだけお値段高めですが、防災用品としても普通に使えるのでいい買い物だと思っています!