-5度まで対応の動き回れる寝袋・コールマンのコルネットストレッチ2

2021年2月12日

コルネットストレッチ2・1

今回は菊池高原でのキャンプ(記事はこちら)で使用した冬用寝袋をご紹介します!
私が使用したのはコールマンのコルネットストレッチ2で化学繊維の寝袋です。
化繊の寝袋はコスパがいい分、ダウンに比べてかさばります。(詳しくはこちら)
私はライトパッキングを目指していますが、車で行くので冬は若干コスパ重視です。笑
こちらの寝袋はコスパがいい以外にもいい点があります!

youtube始めました!

気になる方はこちらから見てもらえると嬉しいです!

手も出せて動き回れる!

コルネットストレッチ2・3

こちらの寝袋はジッパーが上下二つについていて足を出すこともできます。足元のジッパーを挙げて足を出すと寝袋が垂れて地面につきそうになりますが、後方が足元部分を止める作りになっており地面にすることがありません。また手を出すことができるジッパーもついており、外で寒いときにブランケット代わりに使うことができます!ただし焚き火の前では注意です。外側の生地がポリエステルなので、火の粉に相当弱いです。焚き火の前でこれを着るのは穴ぼこだらけになってしまう可能性があるのでやめましょう。
また少し欠点としてはジッパーが固く、周りの生地を巻き込みがちになるので、ジッパーを閉めるときは周りの生地を伸ばしながら閉めるといった工夫が必要になります。

あったかすぎて暑いくらいの保温性!

さすが-5度まで対応していることもあって、最低気温が7度の時に使用した際は家で寝るよりも快適で日頃6時間睡眠なのですが8時間もキャンプ場で寝てしまいました。笑
暑すぎるときは上記の手や足部分のジッパーを開けて、手足を出すことで温度調整ができるので、秋口にかけても使うことができます。秋から春にかけてパッキングに余裕があればこちらを持っていくと低体温症の危険もぐっと下がります。

収納は少しコツがいるかも!?

コルネットストレッチ2・2

化繊タイプの寝袋あるあるなのですが、袋に収納するときには少しコツがいります。こちらの寝袋は頭の部分からぐるぐるちょっとずつ圧縮しながら丸めていくと上記の画像のようにうまいことまとまります。足元部分にコンプレッション用のゴムバンドが付いているのでこれで縛ってあげると収納袋に余裕をもって収まるサイズになります。私の感覚的に夏用の1000円を切るタイプの化繊寝袋よりも全然収納がしやすいです。

まとめ

火の粉と収納に気をつければコスパ・機能性抜群の寝袋でかなりお気に入りです!アルペンアウトドアーズでマネキンが着ていたぐらいおすすめです。笑
寒いときに使ったり、温かい寝袋で寝たい方は検討してみてはいかがでしょうか?